トヨタの期間工に関するブログ

このカテゴリーでは主にトヨタ自動車の期間工に関係するだろブログ書いています。

 

主にトヨタ自動車のニュースに対して私個人の見解を混ぜているので、あまり信用はしないでください。ニュースは事実ですが、それがどのようにトヨタの期間工と関係あるかは、完全に私見です。

 

トヨタの期間工に関するブログ記事一覧

先日、トヨタ自動車が新たなカーナビ技術の開発を行うことを発表しました。車載カメラとカーナビに用いられるGPS情報をリンクさせ、誤差5cmのナビゲーションを可能にします。これは高精度地図データとも言われており、以前より一部の地域で利用されていました。ただ一般道ではなかなか道路情報が取得されず、GPSの精度が不安定でした。そこでトヨタは一般車両からのデータを収集し、GPS情報とリンクさせることで、誤差...

転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が「有給を取得しやすい会社」を調査した結果を公表した。日本国内の企業に限るが、なかなか面白い結果となっている。2015年有休消化率ランキング(Vorkers調べ)本田技術研究所NTT東日本NTTコムウェアフォーラムエンジニアリングボッシュNTTドコモ本田技研工業NTT西日本ドコモCSSCSKイケア・ジャパンゆうちょ銀行トヨタ自動車NTTコミュニケーシ...

トヨタ自動車は2016年2月より、人気スポーツカー「86GRMN」を100台限定で販売することを発表しました。この車は世界一過酷な24時間耐久レースを通して磨いた技術を生かしており、かなりの馬力と剛性を有しています。特に大型のウィングを装着した走りは「路面に吸い付くよう」だそうです。さて、ここで考えるべきは、この「86GRMN」を2月に発売ということは、すでにトヨタの工場で生産体制に入っていなけれ...

ついに来ましたトヨタの新型プリウス!トヨタといえばプリウスみたいな感じがありますよね。今回は4代目ということで、その人気の高さをうかがえます。価格は250万〜320万ほどです。毎年新型が出る時期になると期間工の動員が激しくなります。だから期間工の面接のブログを見ると、合格しましたーという報告をたくさん見ます。逆に新型の生産体制がひと段落した後の期間工の募集はかなり下がります。とある情報によると、平...

「ミライ」はトヨタ自動車が誇る次世代の車だ。空気中の酸素と燃料の水素を反応させて電気を発生させる。ガソリンを使用しないので走行中は二酸化炭素を出さない。ミライは正に未来の電気自動車だ。ミライの生産はトヨタの期間工が急ピッチで対応しているようだが、生産体制が十分に整っていないのと、予想以上の受注数に生産が追い付いていないのが現状だ。実際のところ、ミライは3年待ちである。こちらの写真は佐賀県庁に納車さ...

トヨタの期間工の皆さん、2017年より自動車税が大きく変わるのを知ってますか?環境にやさしい車ほど、税率が低くなるのです!そう、トヨタの「ミライ」がまさに対象車種です!2017年からは「自動車取得税」がなくなります。その代りに「環境性能割」が始まります。環境にやさしい車ほど税率が下がり、二酸化炭素を全く出さなければ非課税になるのです。トヨタの「ミライ」はガソリンを使わず、水素と酸素で発電するので走...

期間工は車の生産台数に応じて人員が増減されますが、トヨタ自動車の期間工は2016年に増員が予想されます。その背景には2016年の国内販売計画の3%増があります。2015年のトヨタの国内生産台数は約320万台。そのうち国内販売は半分の150万台です。数字だけ見ればかなり多いですが、いずれも前年比で2〜3%の減少を見せています。この巻き返しを図るべく、2016年は国内販売台数の目標を155万台と3 %...

DCMとはデータコミュニケーションモジュールのことだ。トヨタ自動車の期間工は一体何のことだろうと疑問に思うかもしれない。実はこのDCMは未来のシステムともいえるものなのだ。DCMは様々なデータをインターネットを通じて共有するものだ。車に搭載することで、運転しながら様々なデータのやり取りができる。例えばあなたの運転するトヨタ自動車が事故にあったとしよう。状況によるが、エアバッグが作動する。その時、D...

トヨタ自動車が誇る超人気燃料電池車「ミライ」が名古屋市のタクシーとして導入されることが発表されました!すごい!トヨタ期間工が毎日頑張ってライン作業している成果はこういうところに現れているのです。実際、ミライは今注文しても3年待ちです。ミライは発売してから400台しか売れていないそうですが、別に人気がないという訳ではないのです。トヨタの期間工がどんなに頑張っても、1日に数台しか作れないんですよ!そん...

トヨタ自動車の快進撃はとどまることを知りません!2015年の新車販売台数のランキング1位にトヨタ自動車のハイブリッド車「アクア」がランクインしました。2015年新車販売台数ランキングアクア 21万台…トヨタのハイブリッド車N-BOX 18万台…ホンダの軽自動車タント 15万台…ダイハツ工業の軽自動車大体3万台刻みですね。3万台っていうと、一台当たりの価格からして相当な売り上げの差があります。数億円...

起業に雇われる労働者というのは常に抑圧されるものです。企業の目的は利潤追求ですから、生産に必要な経費はできるだけ抑えるものです。その最たるものが労働者の賃金です。人類の歴史を見ても、労働者は企業の経営者から搾取されてきました。それに対抗するために労働者は力を合わせることを決めました。それが労働組合です。日本では戦後になって労働者の権利として憲法で保障されました。しかし法で保障されたからと言って即座...

昨日、トヨタ自動車の春闘の件で記事を書きましたが、続報という形での朗報です!なんと、今回の春闘は期間工を含む非正規雇用の待遇改善につながるかもしれません!その名もボトムアップ型春闘です!通常春闘は正規雇用(正社員)が経営陣との交渉を図るものです。つまり、非正規雇用はないがしろにされてきました。しかし昨今の日本の経済の停滞がこの状況を変えました。経済を支えている労働者のうち、非正規雇用の割合が増大す...

トヨタ自動車の発表によると、昨年12月に発売した新型プリウスの受注が10万台に達したそうです。納車は約半年待ちです。なぜ新型プリウスがここまで人気が出たのでしょうか。実は新型プリウスを受注する層の約8割は男性だそうです。年代別では60台以上が多いということです。つまり、昔からトヨタのファンだった人がリニューアルを機にもう一度トヨタ自動車に乗りたいという願望があると思われます。特に新型プリウスはハイ...

韓国では現代自動車が大人気ですが、そこに切り込もうと刺客を放ったのがトヨタ自動車です。本日、トヨタ自動車は新型プリウスを韓国でも販売することを発表しました!現代自動車のアイオニックとは新型プリウスは電気とガソリンで動くハイブリッド車ですが、現代自動車も同じくハイブリッド車である「アイオニック」を発売しています。このアイオニックは韓国で初めてのエコカーになります。つまり、トヨタのプリウスと現代自動車...

トヨタ自動車の株価が不穏な動きを示した。2015年、トヨタ自動車の販売台数は記録的な好調を記録した。しかし、株価は年間通して約1%ほど下落した。トヨタ自動車で働く期間工も穏やかではないだろう。自分たちが頑張って生産して、世界中で販売されて実績を挙げている。しかし、業績を反映すべき株価が思わしくない。今回は、なぜトヨタ自動車の株価が下がったのか、その原因を徹底的に解析してみた。世界全体の景気不安が影...

皆さん、本日のニュースで非常に喜ばしい速報が届き増した!トヨタ自動車の売り上げが世界ナンバー1です!しかも4年連続!毎日トヨタ自動車の工場で働いている期間工のおかげです。トヨタ自動車の世界での販売台数は約1000万台でした。これに対してライバルのフォルクスワーゲンやゼネラルモーターズは1000万台に届きませんでした。トヨタは日本国内や中国での販売台数が伸び悩んだものの、北米での主力市場で優位に立っ...

トヨタ自動車が同じグループ会社だったダイハツ工業を100%子会社することを決定しました。今までも業務委託をはじめ様々な業務連携を行っていましたが、この子会社化により共同開発や部品の共通化など幅広い連携が行われることが予想されます。ダイハツといえば、コペン・ミラ・キャスト・ムーブなどのシリーズが人気で主に軽自動車が主力です。新興国では比較的安価で運転しやすい軽自動車が人気なので、ダイハツブランドを新...

皆さんは会社に行って仕事がなかったら嬉しいですか?悲しいですか?残念ですか?私は嬉しいです。働くのは面倒ですからね。でも、生活がかかっていますから、働かなければなりません。今回、トヨタ自動車の工場が約1週間閉鎖するというニュースがありました。ライン工程で使用する部品を生産する工場で事故があったようです。その影響ですべての車種で生産がストップしたようです。正社員の方々は対応に追われるのでしょうが、本...

2016年2月8日からトヨタ自動車が保有する国内の工場は全て閉鎖していました。その理由は、工場で使用する部品工場で起こった爆発事故です。この爆発事故により工場への部品供給が止まったのです。そのため工場で働くトヨタの期間工の仕事も危ぶまれていました。工場の閉鎖より1週間ほどたった15により、やっと稼働を再開しました。期間工にとっては勤務時間が生活のすべてなので、工場が再開したことで生活もつながったと...

レクサスと言えば、トヨタが誇る高級ブランドの一つです。街中で見かければ、良くも悪くもちょっと一目を置かれます。そのレクサスから重大な発表がありました。2020年くらいを目安に、高出力の燃料電池車を販売するというのです!ついに、高級車にまで燃料電池が!?トヨタの燃料電池車としては「ミライ」が大人気なのはご存知でしょう。今受注しても3年待ちという超絶人気のある車です。美しいフォルムだけでなく、燃費性能...

トヨタ自動車が大きな変革を迎えようとしています。今まで地域ごとにまとまって生産を行っていた事業を一元化し、カンパニー制度に基づき企画から生産まで自社管理で行う事を発表しました。対象となるのは自動車事業で、高級車ブランドレクサス・小型車・商用車・中大型車・コネクティッド・パワートレーン・先進技術開発の7つです。今までは日本や欧米などの先進国とアフリカなどの新興国ごとの大きな枠組みで分けて企画・生産が...

自動車メーカーは国内でもたくさんありますが、トヨタ自動車ほど好調な企業はありません。なんと、トヨタ自動車は2016年度の採用人数を大幅に増員することを決定しました。その数は3%増の2680人です。世界全体で不景気が進行し、メーカーが採用人数を抑えたり、期間従業員の雇止めを進めています。期間工志望の人や短期間でお金をたくさん稼ぎたいと考えている人にとっては不遇の時期でしょう。そんな中トヨタ期間工を目...

2016年3月30日に、トヨタ自動車の期間工の皆さんにとって大変喜ばしいニュースが届きました。自動車メーカーにとっては神にも等しい存在である国土交通省から、トヨタのプリウスが「最も燃費の良い車」として選出されたのです!2015年時点で最も燃費の良い車(普通車)ベスト10順位車メーカーkm/L1プリウストヨタ40.8km/L2アクアトヨタ37.0km/L3フィットホンダ36.4km/L4グレイスホン...

熊本県で震度7の大地震が起きました。県内にはトヨタ自動車の工場も複数あり、そこで働いている社員・期間従業員の安否確認が行われています。また工場設備などの損害状況も確認中で、しばらくは情報収集に徹し、工場の正常稼働が行われるかどうかは定かではありません。ここで気になるのは、トヨタ期間工の安否だけでなく、彼らの収入が保証されるかどうかです。以前にも部品供給が止まった時には、一週間以上工場が停止しました...

熊本県地震が与えるトヨタ自動車期間工への影響でも紹介しましたが、複数の国内メーカーが大きな打撃を受けています。トヨタ自動車もその一つで、国内の工場のほぼ全てで段階的に生産を停止することが発表されました。トヨタ自動車の発表によると、今回の熊本県地震の影響で部品の調達を安定的に行えなくなったことが理由にあるそうです。段階定期に生産停止する工場は「車両組み立て工場」で、トヨタ期間工が働く愛知県内の工場も...

普段皆さんが何気なくスマートフォンやパソコンで使用しているインターネットの「検索」。おそらくほとんどの人はGoogleかYahoo、またはBingではないでしょうか?今日の話題はそのGoogleの子会社をトヨタ自動車が買収するというニュースです。詳細は明らかになっていませんが、今回トヨタ自動車が買収する見込みがあるとされているのは、歩行ロボットを開発する会社だそうです。買収条件は公表されていません...

為替相場と言ってピンとくるでしょうか。円高とか、円安とか、そういう話です。大抵の人はそれほど大きな影響はありません。しかし貿易を行っている企業にとっては死活問題に発展しかねない重要なファクターです。トヨタ自動車は国内で生産した車を海外に輸出しています。国内生産にかかる費用が同じでも、円の価値が変動すれば、輸出先での売値は変わってきます。為替が動けば、売値も変わるのです。つまり、為替の変動で売り上げ...

以前より新型プリウスの売り上げが好調という記事を紹介していますが、ついに先月で8カ月連続でセールス首位を達成しました。7月の販売台数は27,988台でした。2位もトヨタ自動車のハイブリッド車「アクア」で日本だけにとどまらず世界中でトヨタ車の人気が高いことがうかがえます。また別の意味で偉業を達成したのが「カローラ」です。カローラと言えば1966年の登場以来世界各地で販売が続く大ベストセラーともいえる...

日本だけでなく、世界中で年末年始は仕事を休んで家でゆっくりしたいと考えている人がいます。今年一年頑張ったな…新しい年を迎えるにあたり、色々振り返りながらゆっくりと過ごしたいと考えるのは当たり前のことです。ではトヨタ自動車の期間工は年末年始を休むことはできるのでしょうか?答えはYESです。だって、工場が開いていませんから。トヨタ自動車にはトヨタカレンダーというものがあり、基本的にはこのカレンダー通り...

皆さんは労働組合に加入していますか?日本国憲法では労働者が団体を組織する権利が保証されており、具体的には労働組合法によって活動が保証されています。その労働組合が経営者と待遇改善などを求めて団体交渉を行います。日本では毎年新年度前に一斉に交渉を始める「春闘」というものがあり、トヨタ自動車も例によってこの時期に行われています。しかし今年の春闘はうまくいっていないようです。ニュースによると、トヨタ自動車...